IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社リンプレス

製品資料

株式会社リンプレス

DXの中核を担う人材をどう育てる? デジタル時代のIT人材に必要な3つのスキル

IPAが定義した、デジタル変革の推進役を担う6種類の人材のうち、リーダーと、企画・立案・推進役の2種類については、社内人材を育成することが望ましいという。その理由と、そうした人材に求められる3つのスキルについて解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/12/07 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 2.35MB
要約
 情報処理推進機構(IPA)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を担う6つの職種として、「プロデューサー」「ビジネスデザイナー」「アーキテクト」「データサイエンティスト/AIエンジニア」「UXデザイナー」「プログラマー/エンジニア」を定義した。同時に、この中で中核を果たすべきは、リーダー格となるプロデューサーと、企画・立案・推進を担うビジネスデザイナーであると指摘する。

 これら2つの職種は、その重要性が認識されている一方で、人材不足感も顕著になっている。なぜなら、その他の職種がアウトソーシングで賄えるのに対し、プロデューサーとビジネスデザイナーは自社のビジネス・業務に精通している必要があるからだ。つまり企業は、こうした人材を自社内で育成しなければならない。

 本資料では、全従業員にITリテラシーが求められるDX時代において、変革を推進するプロデューサーとビジネスデザイナーを育成することの重要性を解説。併せて、これらの職種に必要な「3つのスキル」や、その習得に役立つ研修サービスも紹介しているので参考にしてほしい。