IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

リコージャパン株式会社

事例

リコージャパン株式会社

802.11ac Wave 2で無線LAN環境を大幅改善、事例に学ぶ高速性と安全性の両立法

昨今、無線LANを導入している企業がほとんどだろうが、古いシステムを長年使い続けた結果、速度・帯域不足や使い勝手の煩雑さに悩むケースもあるだろう。本資料では、最大で1200端末が接続する無線LAN環境を刷新した事例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/11/13 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 648KB
要約
 昨今、大部分の企業が無線LANを導入しているだろうが、導入から時間が経過している場合、速度や使い勝手の面で問題が発生しているケースもある。野村総合研究所グループのWebシステムソリューション企業、NRIネットコムは2012年に全社で無線LAN環境を整備した。セキュリティ強化のため部門やプロジェクト単位でSSIDを割り当てていたが、その数が増え、組織変更やプロジェクト始動の度に管理者の負担が増大していた。

 また、同社が義務付けている多要素認証と当時使用していたシステムの相性が悪く、フロア移動時などに切り替えがスムーズに行えない問題も起きていた。加えてIEEE 802.11n環境であったため実効速度が遅く、接続デバイスが増加する中で帯域不足に陥っていた。

 そこで同社は環境の刷新を検討。SSIDの削減と運用負荷の低減、スムーズな多要素認証の実現、ネットワーク帯域の拡大を目指した。そして最新世代のIEEE 802.11ac Wave 2対応で高速かつ快適なモビリティ環境と、ワンタイムパスワードによるセキュリティ強化を両立するソリューションを導入した。導入の進め方や刷新の効果を、本資料で確認してほしい。