IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

いまデータ活用に必要な視点は? データを蓄え、守り、価値を創出する秘訣

データ活用の重要性が増す中、その運用の最適化や非構造化データへの対応、AIのデータ学習などに課題を抱える企業が増えている。データをため、守り、価値を創出するために、いま必要なアプローチとはどのようなものだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2020/10/26 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 40分42秒 ファイルサイズ -
要約
 企業が競争を勝ち抜くためにデータ活用が不可欠であることは間違いない。しかし、爆発的に増加するデータを活用するためには、運用コストを最適化しつつデータを保管するための仕組みが求められる。また、今後は8割が非構造化データになるといわれており、そこから利用可能なデータを見つけ出すための工夫も必要となるだろう。

 この他にも、高いスキルを持ったデータサイエンティストが不足する状況でAIのデータ学習をどう実行すればよいのか、パフォーマンス管理やセキュリティ対策をどうすればよいのかといった点を、多くの企業が課題としている。それでは、これらの課題を解消するために、いま選ぶべき手法とはどのようなものだろうか。

 本コンテンツでは、データの流れを「ためる」「整える」「学習する」「業務への適用」の4つのフェーズで整理し、それぞれで留意したいポイントや、課題解決の手法を解説する。ハイブリッド/マルチクラウド向け、AI/ビッグデータ向けなどの多様なストレージや関連ソリューションについても紹介されているので、ぜひ参考としてもらいたい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。