IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Splunk Services Japan

製品資料

Splunk Services Japan

急増するデータから価値を引き出す、統合/分析プラットフォームの要件とは?

デジタル化において中心的な役割を果たすデータだが、急増/多様化により、活用自体が困難になっている。それらから実用的なインサイトを得るためには、分散したデータを可視化し、統合/分析できるプラットフォームが必要だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/10/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 1.15MB
要約
 ビジネス変革を支えるデジタル化において、中心的な役割を果たすデータ。しかし、クラウドの普及などによるデータ量の急増/多様化は、その活用を困難なものにした。実際の調査でも、企業は分析を強化するために、平均400種類以上のデータソースからデータを収集していることが明らかになっている。

 それらのデータから実用的なインサイトを取得するために有効なのが、エッジやコア、エンドポイントに分散したデータを可視化し、統合/分析できる「Data to Everythingプラットフォーム」だ。これにより、IT、セキュリティ、DevOps、ビジネスの運用に関するアラート確認、調査、監視をプロアクティブに行うことができる。

 また、ハイブリッド/マルチクラウド環境を分析し、AIと機械学習を活用して取得したインサイトに基づいてアクションを実行することで、ビジネス成果につなげることも可能になる。本資料では、Google Cloud Platform(GCP)と連携し、SaaSとして提供される同プラットフォームの機能や特長を詳しく解説する。