IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ヴイエムウェア株式会社

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

Windows 10マルチセッション対応、WVDの課題を解消するクラウドサービスとは?

DaaSの中でも注目されるWindows Virtual Desktop(WVD)だが、運用管理の一部にPowerShellが必要など使い勝手に難があった。それを解消したのが、Windows 10のマルチセッション接続に対応したVMware Horizon Cloud on Microsoft Azureだ。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 26ページ ファイルサイズ 10.8MB
要約
 セキュアなテレワーク環境の実現手段として、「DaaS(Desktop as a Service)」が改めて脚光を浴びる中、Microsoft Azure上で実行する「Windows Virtual Desktop(WVD)」は、Windows 10のマルチセッション接続をはじめとした独自のメリットから、特に注目されている。その一方で、WVDではデスクトップの展開や日々の運用管理(Day2オペレーション)など一部作業にPowerShellでのCLI操作が求められるなど、使い勝手に難がある点は否めない。

 その課題を解消するのが、既に定評のある「VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure」を活用した方法だ。従来はWVDでしか利用できなかった、Windows 10のマルチセッション接続に対応している点が大きな特長で、イメージ管理や割り当てなど全ての操作がシンプルな管理コンソールを通じてGUIで行えるため、利便性の課題も解消できる。

 それにもかかわらず、SBC方式と同等なコストメリットを実現している他、Microsoft 365への高速接続や、ユーザーへのデプロイの迅速化、管理コンポーネントのアップデート運用負荷の軽減など、そのメリットはさまざまだ。本資料では、同サービスの特長を詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。