IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SAS Institute Japan株式会社

事例

SAS Institute Japan株式会社

材料開発時の研究期間を短縮、TOYO TIREのプロジェクトを支えるソリューション

技術開発に力を注ぐTOYO TIREでは、新たなプロジェクトで「レシピを入力し、それにより得られるゴム材料の物性を推定できるシステム」の構築を目指していた。プロジェクトを実現すべく、同社が選んだソリューションとは?

コンテンツ情報
公開日 2020/09/17 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 623KB
要約
 各種タイヤと自動車部品のメーカーであるTOYO TIREでは、技術開発に注力し、独自のゴム材料開発基盤技術を確立。最先端のシミュレーション技術や分析技術、外部施設も利用して解析を行い、ゴム材料のナノレベルでの構造を定性・定量評価している。

 こうした中、同社が新たなプロジェクトで目指したのが「レシピを入力し、それにより得られるゴム材料の物性を推定できるシステム」の構築だ。材料開発時に結果を予測して研究を開始することで、研究期間の短縮を見込める。またこのようなデジタル技術の構築を足掛かりに、ナノレベルの材料構造を示す分析データなどをAIに学習させて活用することも将来的に見据え、それらの実現を支えるソリューションを必要としていた。

 幅広く調査・検討を重ねた結果、PoCで群を抜くパフォーマンスを発揮したソリューションを採用。対応スピードやコンサルタントのスキルなど、提供企業のビジネスパートナーとしての信頼性も高く、PoCの段階から一定の成果を得られたという。本資料では、同ソリューションにより同社が短期間で成果を得られた理由などを探る。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。