IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エヌビディア合同会社

レポート

エヌビディア合同会社

「開発基盤の不備」は本当か? 日本企業でAIの活用が進まない理由とは

実用段階に入ったとされるAIだが、日本での普及は、まだ思うようには進んでいない。AI導入の課題に「開発基盤の不備」を挙げる企業も多いが、多くのソリューションが登場し、開発環境は整っている。活用が進まない背景には何があるのか。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/15 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.33MB
要約
 画像認識技術を活用したスマートフォンアプリや、音声認識技術によるスマートスピーカーなど、昨今ではAI/ディープラーニングは身近なものとして企業規模を問わず活用できる環境が整っている。その活用に欠かせないのが、IoT機器などが収集する膨大なビッグデータの演算処理を可能にし、性能向上が続く「GPU」だ。

 AIインフラの整備が難しかった過去とは異なり、現在ではアプライアンス型からデータセンター向け、エッジサーバ向けまで、さまざまなソリューションが登場。また、GPUを採用したクラウドサービスを利用することでAI/ディープラーニングの活用はますます容易になり、マネタイズを実現している企業も少なくない。

 その一方で、いまだ40%の企業がAI導入の課題として「AI開発基盤の不備」を挙げているというデータもあり、日本では普及が進んでいるとはまだ言えない状況だ。本資料では、いまやAIに欠かせない存在となったGPUの進化についても解説しながら、AI/ディープラーニング活用における日本企業の課題と成長戦略を探る。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。