IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

横河レンタ・リース株式会社

製品資料

横河レンタ・リース株式会社

新型コロナで深刻化するIT運用の課題、今すぐできるオンプレ環境の改革手法とは

今、アフターコロナ時代を見据えたITインフラの変革が求められている。しかし、多くの企業では、そのための予算も人材も不足している。この厳しい状況で、まず見直したい領域が、テレワークを含むオンプレミス環境だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 597KB
要約
 限られたIT予算、IT人材の不足、変化する事業環境に応じた短期間でのシステム調達。従来あった課題は、新型コロナウイルスの影響でさらにクローズアップされることになった。オンプレミス環境は、属人性や運用効率といった一般的な課題の解消に加え、テレワーク環境の整備、自動化をはじめとする効率的な運用手法が求められている。

 こうした環境の変化を背景に、サーバ、OS、仮想化ソフトなどプライベートクラウド環境の構築に必要なIT資産を、従量課金で利用できるサービスが登場している。従来であれば将来必要なリソースを予測し、それに基づく購入計画を立てて調達するところ、クラウドと同様にニーズに合わせてリソースを短時間で増強でき、運用管理のアウトソーシングも可能になる。

 同様に、セキュアなテレワーク環境を従量課金で利用できるサービスもあり、アフターコロナ時代に適応するハードルが大きく下がることになる。本資料では、現在におけるIT部門の環境や問題点をあらためて整理するとともに、その解決策として2つの従量課金型のオンプレミスサービスを紹介している。IT投資の最適化を図る上で参考になる内容だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。