IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

ハイブリッド環境を「止めない」ために、IT運用のリモートワークを実現する

新型コロナウイルスの感染拡大は、リモートワークをはじめとする「人が動けない」ことが前提の態勢作りを組織に余儀なくさせた。これはIT運用においても例外ではない。業務の自動化や人間系接点の低減など、省人化の加速が求められる。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/11 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 29分22秒 ファイルサイズ -
要約
 新型コロナウイルスのビジネスに対する影響の中でも、特に大きなものの1つが「人が動けない」ことを前提とする業務体制が必須になったことだろう。働き方改革のためリモートワークなどの取り組みは従来も進められてきたが、実際にそうした労働環境になると、業務の属人化、障害にスピーディーに対応できないといった問題点がさらに際立つ結果となっている。

 特にハイブリッド環境では、オンプレミスとクラウドで異なるモニタリングツールを使用しているために、イベント管理に負担がかかっており、リモートワークではインシデント対応のさらなる遅延も生みかねない。これらを解決するには、オンプレミスやクラウドで使うツールを一元管理する仕組みをはじめ、イベントやインシデントの優先順位付け、障害イベント対応の自動化を実装することが望ましい。

 本コンテンツでは、これらの実現手段として、複雑化するマルチクラウド環境を統合管理し、運用を自動化するソリューションを紹介している。管理ツールの連携やイベント管理、運用対応の自動化を容易にし、省人化を余儀なくされる業務環境でもスムーズに運用できる環境を実現してほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。