IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

VMware Cloud on AWSの接続方式はどう選ぶ? IPsec VPNやVMware HCXの違いとは

クラウド移行の簡素化をはじめメリットの多いVMware Cloud on AWSだが、導入に当たり、ネットワークデザインの選択に悩むケースは多い。そこで最適な接続方式やネットワークサービスを選ぶためのポイントを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 89ページ ファイルサイズ 6.15MB
要約
 オンプレミスでVMware vSphere環境を利用する組織にとって、ハイブリッドクラウドを従来の運用を変えずに実現できるVMware Cloud on AWSの意義は大きい。最前線のクラウドテクノロジーにより、シンプルなクラウド移行、AWSのネイティブサービスへの直接アクセスなどの恩恵を享受できる。ただ、利用に当たって悩ましいのが、選択肢の多いネットワークデザインだろう。

 接続方式であれば、暗号化されたセキュアなL3接続となるIPsec VPN、高速なプライベートネットワーク接続をするAWS Direct Connectがある。L2延伸方式なら、通常のL2ネットワーク延伸の他に、WAN最適化によりスピーディーな移行が可能なVMware HCX の選択肢もある。これらの選択肢ごとのメリットとデメリットを把握し、自社の要件に合ったネットワークを構築したい。

 そこで本資料では、VMware Cloud on AWSの接続パターンやネットワークサービスなどを構成とともに紹介する。同サービスの多様な選択肢を包括的に把握できる資料となっており、データ転送料金などコスト面も明示されているので、具体的な検討材料として役立つだろう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。