IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社東陽テクニカ

事例

株式会社東陽テクニカ

「原因不明」をどうなくす? クラウドインフラでのトラブル対応力を高める秘訣

クラウドインフラの運用では、アプリケーションの応答遅延などのへの対応の難しさが大きな課題となる。仮想化技術の経験が豊富な先進企業では、どのようにしてクラウドインフラ全体を可視化して、トラブル対応力を高めているのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/08 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.68MB
要約
 仮想化技術をベースとしたクラウドインフラの導入は、企業にさまざまなメリットをもたらす。しかし、その運用においては、どうしても“見えにくい”部分が発生してしまうため、アプリケーションの応答遅延などが発生した際に、原因の特定や問題の解決が難しくなることが大きな課題となる。

 そこで、この課題への対策として参考としたいのが、インターネットデータセンター事業者として広く知られるブロードバンドタワーの事例だ。早くから仮想化技術の活用を実践してきた同社には、仮想化インフラの見える化によって、クラウドサービスのサポート品質を高め、ユーザーへの的確な対応につなげてきた実績がある。

 しかし、豊富な経験を持つ同社のエンジニアでも、監視システムが検知できないようなケースでの問題解決には苦戦させられてきたという。それでは、同社はどのようにして、この状況を解消したのだろうか。本資料では、同社の事例を基に、仮想化環境を可視化して、迅速かつ的確なトラブル対応を実現するための秘訣を紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。