IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社SmartHR

製品資料

株式会社SmartHR

知らなかったでは済まされない、「働き方改革関連法」対応での注意点とは?

働き方改革関連法の順次施行に伴い、企業には待ったなしの対応が迫られている。時間外労働の罰則付き上限規制など、特に対策が急がれる項目をはじめとした要注意ポイントについて、コンプライアンスの観点から対応策を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 28ページ ファイルサイズ 2.9MB
要約
 2019年4月以降順次施行されている「働き方改革関連法」への対応は、大企業/中小企業を問わず待ったなしの状況だ。特に対策が急がれる項目としては、時間外労働の「罰則付き上限規制」、客観的方法による「労働時間の把握義務」、高い労務能力が求められる「高度プロフェッショナル制度」の3つがある。

 この他にも注意すべき点は多く、例えば「フレックスタイム制」では、清算期間が最大3カ月までとなり、従業員は労働時間を自由に配分できるようになった。一方で、時間外労働が最終月に先送りされ、上限規制に違反するケースも想定される。また60時間を超える部分については、50%の割増賃金率を支払う必要が生じる点も留意すべきだ。

 本資料ではこのように、コンプライアンスの徹底を中心に、働き方改革関連法への対応で外せないポイントを解説する。併せて、人事労務手続きや管理の効率化でそれらの実践を支援するクラウドサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。