IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

SoRをクラウド移行する前に考えたい、リスク回避とメリット最大化の要件

クラウド全盛といえる時代だが、安定稼働が求められる基幹システムなどにおいては慎重な移行が求められる。オンプレミスと運用・管理が変わらない、ハードウェア更改に合わせた段階的な移行など、ポイントを押さえた移行先を選びたい。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/10 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 860KB
要約
 ITの世界は今やクラウド一色に染まりつつあるが、アプリケーションを安易にクラウド化することは避けたい。特に、基幹系システムのようなSoR(System of Records)は安定稼働が重視される。移行するなら、仮想化基盤を含め、オンプレミス環境の構成や運用を変えずに利用できるなど、リスクも考慮した移行先を選びたい。

 例えば、オンプレミスと同じVMwareによる仮想化製品を利用でき、それを軸にクラウドとオンプレミス環境を連携できれば、リスク回避に加え、のちのちクラウドネイティブな仕組みに改修するハードルも下がる。また、スモールスタートはもちろん、オンプレミスのハードウェアの更改スケジュールに合わせた段階的な移行へのサポートも重要なポイントだ。

 加えて、セキュリティポリシーなどの理由から国内にデータを置きたいといったニーズも根強い。本資料では、これらのニーズに対応し、データセンター間の低遅延接続なども実現するクラウドサービスを紹介している。オンプレミスの延長線上という安心感と、クラウドのメリットの両方を享受できる点は大きな魅力だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。