IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

横河レンタ・リース株式会社

レポート

横河レンタ・リース株式会社

PC調達法は購入/レンタルのどちらを選ぶ? 企業規模から考える最適解とは

規模の異なるさまざまな国内企業を対象に行われた、PC調達に関する調査によると、従業員数100人を境に、満足度において興味深い違いが見られたという。導入や運用の難易度、生産性などの観点から、PC調達方法の最適解を探る。

コンテンツ情報
公開日 2020/08/27 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 2.33MB
要約
 PC調達について国内企業に調査したところ、企業規模に関わる興味深い事実が浮かび上がってきた。自社の調達方法に満足している割合が、従業員数100人を境に大きく下がるのだ。現状に不満のある企業の多くは、いわゆる「1人情シス」のようなマンパワーに乏しい管理体制とみられる。

 それを裏付けるように、PC調達に当たっては規模が大きいほど「購入」ではなく「リース」「レンタル」といった調達・管理工数の少ない手段を選ぶ割合が増えていく。では管理負担を減らすために、同じPCを長く使った方が良いかといえば、これも調査では逆の結果が出ている。PCのセットアップ、データ移行、廃棄といった業務に負担を感じている企業の割合は、更新頻度が高いほどむしろ低くなった。

 長く使えば、PCが壊れた際に更新するケースが増え、毎月数台ずつ更新するといった非効率な状況が生まれてしまう。情シスの生産性はもちろん、性能不足のPCを使うユーザーの生産性の低下も免れない。そこで更新頻度を高めている企業が選択しているのが「レンタル」だ。本資料では、企業調査を基にレンタルによるPC調達が、企業にもたらすメリットを明らかにする。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。