IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

製品資料

日本ヒューレット・パッカード合同会社

VMware Cloud on AWS導入時の懸念、オンプレ-クラウド間の最適な接続方式は?

VMware Cloud on AWSや、ネイティブAWSで構成するSDDCを軸とした、ハイブリッドクラウドの導入に際しては、各サービスの仕様を考慮する必要がある。オンプレ-クラウド間の接続方式をはじめとした懸念点と、その解消法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/08/20 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.56MB
要約
 オンプレミスのVMware環境、VMware Cloud on AWS、ネイティブAWSで構成するSDDC(Software-Defined Data Center)をベースとしたハイブリッドクラウドは、無理なく段階的な移行が可能なため、クラウドの活用が停滞する企業にとって有効な解になり得る。

 ただ当然ながら、VMware Cloud on AWSもネイティブAWSもクラウドサービスであり、それぞれのサービス仕様を考慮して導入することが求められる。重要なポイントの1つが、オンプレミス-クラウド間の接続方式だ。AWS Direct ConnectやVMware HCXの利用可否によって接続方式が異なり、それぞれのアーキテクチャを理解した上で、オンプレミスとクラウドの両側に対して順を追ってネットワークの設定を進める必要がある。

 またネイティブAWSとの連携も気になるポイントだ。例えばAmazon S3やELBなどの活用が有効で、容易に連携することが可能だが、少なくともネイティブAWSの基本的な機能への理解は必要になる。本資料では、こうした導入時のポイントを具体的に解説するとともに、VMware Cloud on AWSへの移行サービスやPoC支援サービスを紹介する。