IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

レポート

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

クラウド移行は何から着手する? 調査で分かった「5つのベストプラクティス」

パブリッククラウド移行のメリットは、移行対象となるワークロードと、移行方法によって異なるものだ。そこで実際に1つ以上のクラウド移行を遂行した組織に調査したところ、価値を最大化する「5つのベストプラクティス」が見えてきた。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/27 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 28ページ ファイルサイズ 2.59MB
要約
 パブリッククラウドへの移行では、対象となるワークロードによって適切な方法が異なる。ワークロードをそのままの形で移行するリホスト、クラウド上での利用形態に合わせて軽微な修正を加える再プラットフォーム化、リファクタリングやクラウドネイティブな代替製品を再購入するなど全体的なワークロードの変更も考えられる。

 また移行方法とワークロードの組み合わせによって、かかるコストと得られるメリットも変化する。そこで組織は、移行対象となるワークロードを正しく選ぶために何をすべきか、どこから着手すべきか、参考にすべきベストプラクティスは何かを検討することになる。

 本資料では、その中でも特に優位な差を生むポイントとして「5つのベストプラクティス」を紹介する。ある調査によると、そのベストプラクティスを多く適用していた組織ほど、移行後の満足度、コスト削減、ダウンタイムの解消、市場におけるポジションの改善などの面で、優れた結果が得られていたという。本資料では、その調査結果とともにベストプラクティスを詳しく解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。