IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本情報通信株式会社

製品資料

日本情報通信株式会社

IBM AIX上でOracle DBのコスト抑制、SE継続利用のための「ソケット数問題」対策

Oracle Databaseのコストを抑制するためにStandard Edition(SE)を選ぶ場合、サーバソケット数が2つに制限される。これはシステム更改における制約となるが、IBM AIX上でSEを利用している企業であれば、このソケット数問題は回避可能だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/27 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 533KB
要約
 データベース市場で高いシェアを誇るOracle Databaseは、高性能・高機能な製品であるだけに、コスト負担が大きいことでも知られる。そのため、ライセンスコスト削減の手段として、ハイエンドのEnterprise Edition(EE)ではなく、安価なStandard Edition(SE)を選択する企業は少なくない。

 しかし、SEを利用するためには、サーバのソケット数を“2つ以下”に抑える必要がある。この点はシステム更改において大きな問題となり、3ソケット以上のサーバへの移行が避けられない場合は、ユーザー当たりライセンス価格が約3倍にもなるEEの導入を余儀なくされる。

 ただし、IBM AIX上でSEを利用している企業であれば、IA化やLinux化を行うことなく、この問題を回避できる。本資料では、POWER7以前のサーバやPOWER8の2ソケットサーバでSEを利用している企業に最適な方法として、2ソケットのPOWER9搭載ベアメタルサーバをベースとしたソリューションによってAIXとSEを継続利用する方法を紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。