IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Veeam Software Japan 株式会社

事例

Veeam Software Japan 株式会社

97%もの効率化を実現、事例に学ぶ大規模仮想化環境のバックアップ改善術

CADやプロジェクト進捗管理などのデータを長期保管している千代田化工建設では、基盤のサイロ化により、初回バックアップの長時間化をはじめ課題が頻発していた。この課題を解決し、97%もの効率化を実現した方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/07/13 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 305KB
要約
 プラント建設に特化した建設会社である千代田化工建設は、国内はもとより、中東、南洋、北米地域などで広く事業を展開している。同社では、設計図のCADデータ、ドキュメント、プロジェクト進捗管理などのデータを、場合によっては10年以上保管する必要があり、バックアップがビジネスにおける重要な要素となっている。その管理はかつて、オンプレミスの大規模サーバ群が担っていた。

 同社は2016年春、このサーバ群の仮想化統合に着手し、サーバ数百台のうち半数の仮想化を果たした。しかし、複数のバックアップソフトの使用により基盤がサイロ化しており、新規サーバ構築時の初回バックアップに3時間を要するなど、課題が頻発。この状況を改善すべく、同社は統合バックアップ基盤の構築を目指し、新たなバックアップソフトウェアの導入を決意する。

 これにより、新サーバの初回バックアップはわずか3分で完了し、従来比で97%もの効率化を実現。さらにGUIベースの簡単な設定であることから、操作の習得も短時間で終わるようになり、基盤全体の信頼性も向上するなど、多くの効果が生まれているという。本資料では、同社の取り組みを基に、このバックアップソフトの実力を詳しく紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。