IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

「Windows 7」「Office 2010」EOSラッシュを乗り切る、低コストな更新手段とは

2020年1月にWindows 7が延長サポートを終了し、10月にはMicrosoft Office 2010もサポート期限を迎える。しかし、これらの更新が進まない組織も少なくない。その理由はなぜなのか、また、どうすれば継続使用のリスクを回避できるのか。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 1.81MB
要約
 2020年1月にWindows 7の延長サポートが終了したのに続き、10月にはMicrosoft Office 2010のサポートも終了する。いずれもビジネスにおける重要性が極めて高いだけに、サポート期限を迎えてもなお、その使用を継続する、あるいは使い続けざるを得ないという組織もあるという。その背景にはどのような事情があるのか。

 2019年に実施されたあるアンケート調査によれば、更新を進める上でネックになる理由として最も多かった回答は「予算の確保が難しい」というものだった。この結果から、何らかの形で予算を確保できれば、少なくともOSだけでも更新を進められる可能性も見えてくる。

 本コンテンツでは、サポート期限終了後のWindowsやOfficeを継続して使うことによるセキュリティリスクと、その回避策について解説している。現在ではさまざまなOffice互換ソフトが安価で登場しているため、それらを導入することで浮いた予算をOS更新に充てるという手もある。Officeの機能でなければ業務を継続できない端末にはOfficeを残し、他の端末に互換ソフトを導入するといった方法もあるため、自社に合った進め方を見つけてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。