IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

ITスキル別に解説、ファイルサーバ整理の鍵となる「可視化」の実践方法とは?

ファイルサーバ容量の窮迫は多くの企業の課題だが、その大きな原因は、不要なデータを誰も特定できないことにある。これを解決するには、まずファイルサーバの使用状況を「可視化」することが必要だ。ITスキル別に、そのコツを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.69MB
要約
 デジタルトランスフォーメーションによって、データ量と種類が増加するにつれ、ファイルサーバ容量の窮迫に悩む企業が増えている。その原因の1つに、不要なデータを誰も特定できない、というものがある。重複ファイルや長年閲覧されていないファイルを、膨大なデータから見つけることは難しく、所有者でさえ削除しても良いのか判断できないケースは少なくない。

 そこで有効なのが、ファイルサーバの使用状況を「可視化」するシステムだ。これを情報システム担当者が活用し、削除候補ファイルを抽出した上で、ユーザーに要否を判断してもらえば、可視化と整理を一挙に進めることができる。また、使用状況を理解してもらうことで、ユーザー部門主導での整理も推進される。

 本資料では、同ファイルサーバ管理システムの特長について、事例を交えて分かりやすく解説する。あわせて、「ユーザーへ操作方法を教育する時間がない場合」「管理者が使用でき、簡単な操作方法をユーザーに教育できる場合」「ユーザー自らがシステムを使って管理できる場合」といったITスキル別に、3つのファイルサーバ整理方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。