IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

システム内製力強化で情シスの悩みを一掃、「超高速開発ツール」の実力とは?

個別システム乱立やシャドーITのまん延といった社内システムにおける課題は、“内製力”を高めることで解決できる。そこで有効なのが、システム開発におけるプロセスを省略し、生産性向上などに効果を発揮する「超高速開発ツール」だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 5.08MB
要約
 情報システム部門には社内からさまざまなシステム開発の要望が寄せられるが、自社リソースだけで迅速に対応できる企業は多くない。しかし、外注にはやりとりの手間やコスト面の問題があり、また現場を待たせることは、ExcelやAccessといった個別システムの乱立による属人化や、シャドーITのまん延を招いてしまう。

 こうした状況を打破するには、システム開発における基本設計やプログラミング、単体テストのプロセスを省略できる「超高速開発ツール」が有効だ。従来の開発手法と比べて大幅に開発期間を短縮することにより、内製力の向上はもちろん、コスト削減や品質改善が期待できる他、情報システム部門のリソースにゆとりができ、ビジネスの変化への対応力も高められる。

 ただし、超高速開発ツールにはさまざまな種類があるため、導入の際は自社要件に照らし合わせた比較検討が重要になる。本資料では、主流となるWebデータベース/実行エンジン型/ソースコード生成型という3つのタイプの特長を解説し、最適解を探っていく。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。