IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社野村総合研究所

事例

株式会社野村総合研究所

セブン銀行に学ぶ、勘定系システムの運用コスト削減&効率向上を両立する方法

無停止連続運転とBCP高度化のために勘定系システムの全面刷新を行ったセブン銀行。同行は、併存状態だった2つの運用管理ツールを刷新・統一することで、運用の効率化とコスト削減を両立したという。同行が選んだ方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 681KB
要約
 24時間365日止まらないATMを軸にさまざまな金融サービスを提供するセブン銀行。同行では無停止連続運転とBCPのさらなる高度化を狙い、勘定系システムの本番機を東京と大阪の両センターで交互に入れ替えて運用する「東阪交互運用方式」に移行した。このプロジェクトと並行して行われたのが、運用管理ツールの全面刷新だ。

 刷新前の環境では2つの運用管理ツールとプロセスが併存していたが、東阪交互運用方式では、運用管理も一元化・標準化したほうが合理的となる。そこで、操作に習熟しているスタッフが多いことや、システムインテグレーションの依頼先とツール開発元が同じであることの安心感などを評価して、ツールの一本化を行った。

 統一により得られた効果は大きく3つ。1つはジョブ実行の一時的な変更が容易になり、運用の柔軟性が向上したこと。2つ目は各種監視ツールからのメッセージ集約と、きめ細かいフィルタリング機能により、現場実態に基づく効率的な運用が可能になったこと。3つ目がライセンスコスト低減による従来比2~3割という運用コストの削減だ。本資料では同行の取り組みを基に、この運用管理ツールの実力を紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。