IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 合同会社

製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 合同会社

既存の仮想化環境をそのままクラウドへ、移行の前に検討すべきポイントは?

クラウド移行は以前に比べて容易になったものの、多様な目的・ビジネスケースが考えられる。VMware vSphere をスムーズにクラウドに移すVMware Cloud on AWSを活用し、長期的なメリットを生み出すためには何を押さえるべきなのか。

コンテンツ情報
公開日 2020/05/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 672KB
要約
 クラウド移行では、オンプレミスの仮想化環境をそのまま移行できる選択肢が充実し、ハイブリッドクラウド環境からビジネス価値を創出するハードルが大きく下がった。ただ、その検討段階において、潜在的なビジネスメリットの洗い出しやTCOの算出は容易ではなく、移行後の全体像も把握しがたい。

 重要なことは、まず自社のビジネスに適した移行プランを見極めることだ。もちろん企業の特性によって最適となるビジネスケースは変化するが、業界を問わない共通点もある。目指すものが「価値の向上」であれば、ビジネス、テクノロジー、リスクの領域を検討すべきであり、「コスト削減」であれば、インフラや運用などが検討事項となる。

 本資料では、クラウド移行を検討する定番のサービスやアプローチをベースにしつつ、VMware vSphereで動作するワークロードをシームレスにAWSに移行するのに最適なVMware Cloud on AWSを想定される目的や検討事項、移行ステップなどを解説している。移行計画の策定ガイドとして活用してもらいたい。