IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Slack Japan株式会社

事例

Slack Japan株式会社

老舗企業のコミュニケーション改革、意思決定スピードを4倍にしたツールとは

社員間コミュニケーションの円滑化や情報共有の促進には、メールや電話に代わるツールの活用が有効だ。あるメッセージプラットフォームを導入して意思決定のスピードアップなどを実現した企業の事例から、その活用法を探った。

コンテンツ情報
公開日 2020/04/24 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 14.7MB
要約
 1886年に農機具などを扱う商店として創業したカクイチ。同社では従来、メールや電話、FAX、そして口頭でコミュニケーションを取っていたが、このような1対1の閉じたコミュニケーションでは全社的な情報共有が進まず、迅速な意思決定が行えないという課題を抱えていた。

 この状況を打開すべく同社が導入したのが、1対多のコミュニケーションを実現するメッセージプラットフォームだった。これによって複数人でのコミュニケーションが容易になったのはもちろん、プラットフォーム上に会話のログも残せるようになった。この会話を見て、コメントしたり、リアクションを起こしたりといった流れも生まれるようになり、“家族の会話”さながらのコミュニケーションができるようになった。
 
 その結果、組織全体での情報共有が進み、意思決定のスピードは従来の4倍にアップ。また、全国100拠点に分散するメンバー同士での知恵・事例の共有や、各自の積極的な情報発信、さらに良い情報を評価し合う文化の形成など、社員のマインドセット改革にもつながっているという。本資料では同社の事例を基に、このメッセージプラットフォームの実力と効果的な活用法を紹介する。