IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士フイルム株式会社

レポート

富士フイルム株式会社

ここが違う、従来型ストレージとオブジェクトストレージ

「オブジェクトストレージ」は、従来型のストレージシステムと何が違うのか。両者のファイル管理手法の仕組みや特徴を整理する。

コンテンツ情報
公開日 2020/04/14 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 412KB
要約
 企業が扱うデータの種類が多様化し、かつデータ量の増大が進む中、こうした「ビッグデータ」をいかに効率的に保管するかは企業にとって重要な課題となっている。その解決策となり得る代表的なストレージシステムが「オブジェクトストレージ」だ。

 オブジェクトストレージは、画像や動画といった非構造化データを「オブジェクト」として扱う。「ファイル」を基準にした従来型ストレージシステムにあった、ファイル数や容量の上限が論理的にはない。まさにビッグデータ時代に適したストレージシステムといってよいだろう。

 従来型ストレージシステムと比べた場合、オブジェクトストレージは何が違い、どのようなメリットがあるのか。TechTargetジャパンの連載記事をまとめた本資料で整理する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。