IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

arcserve Japan合同会社

製品資料

arcserve Japan合同会社

リストアしつつ代替VMで業務継続、“止めない”BCP/DR対策の実現法とは?

バックアップ/リカバリー環境のクラウド移行が進む一方で、そのコストメリットやリストア時間、信頼性などに懸念を抱く企業はまだ多い。従来のクラウドバックアップ製品の課題を解消し、クラウド時代に適したBCP/DR対策を実現するには?

コンテンツ情報
公開日 2020/04/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.06MB
要約
 IT依存度が高い現代のビジネスにおいて、予期せぬシステム停止が企業に与える損害は極めて大きい。そのため、あらゆる企業が事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策に取り組んでいるが、本格的なクラウド時代が到来した今、対策の要となるバックアップ/リカバリー環境の選定では難しい判断も求められている。

 バックアップ/リカバリー環境のクラウド移行は、データの増大が問題となる中で、コストと工数を抑制できる点で有望視されているが、従来のクラウドバックアップ製品には課題も残る。事実、多くの企業が、コストメリットやリストア時間、信頼性などへの懸念から、依然としてオンプレミスでのバックアップ運用を続けている。

 そこで本資料では、定番のバックアップ製品を例に、障害発生時にはクラウド上の代替VMで事業継続を図りつつ、最新データを使ったリストアが同時に行える「リストア時間を待たないBCP/DR対策」を紹介する。オンプレミスのバックアップサーバが不要で、中小企業での導入にも適したコストメリットの高いBCP/DR対策も紹介されているので、併せて参考としてもらいたい。