IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTテクノクロス株式会社

製品資料

NTTテクノクロス株式会社

広がる個人データの活用、安全&有用な「匿名加工情報」の作成方法とは

ビジネスやさまざまな研究開発において、個人情報の活用が注目されている。目的外利用や第三者への提供には、個人を識別できないよう「匿名加工情報」の作成義務があるが、安全かつ有用なデータを作成するにはどうしたらいいだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2020/03/27 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 26ページ ファイルサイズ 3.45MB
要約
 2017年に個人情報保護法が改正され、個人情報を含むパーソナルデータを「匿名加工情報」にすれば、本人の同意なしに目的外利用・第三者へ提供できるようになった。データの有効活用によるビジネスの創出、医療分野での研究開発促進などが期待されている。

 ただし、匿名加工情報の作成には注意点がある。個人を識別できないよう、氏名・生年月日といった「個人を特定できる記述の削除」、生体情報のデジタルデータや免許証番号といった「個人識別符号の削除」など、法で定められた5つの要件を満たさなければならない。そのため、作成においては匿名性を担保することは必須だ。一方で、データ利用の観点からは「どれだけ元データの特徴が保持されているか」といった有用性も考慮する必要がある。

 こうした中で、匿名加工情報作成ソフトウェアが注目されている。データの利用目的に応じた加工と、その匿名性・有用性の評価を可能にするものだ。本資料では「k-匿名化」などの多彩な加工・評価技法や機能を解説するとともに、医療や金融分野での利用イメージも紹介する。取り扱いが難しい個人情報だが、同製品がデータ活用の幅を広げる一助となるはずだ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。