IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社NTTデータ

レポート

株式会社NTTデータ

ISDN終了問題をふまえた通信サービス切り替え、セキュリティリスクは「人」

2024年1月にISDNのデータ通信が終了する前に、早めにEDIの通信サービスとシステム移行を進めるのが望ましい。インターネットEDIは乗り換え先の有力候補だが、インターネットを利用する以上はセキュリティ対策に気を遣う必要がある。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/17 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 289KB
要約
 2024年1月にISDNのデータ通信が終了する。しかしEDI(電子データ交換)の分野ではISDNや固定電話(アナログ電話)回線が今でも使われている。「ISDNサービス終了のタイミングまでにEDIの通信サービスとシステムの切り替えを終わらせておかないと、自社にどのような影響があるのか」を、早めに把握しておく必要がある。

 移行先として真っ先に検討すべきは「インターネットEDI」だ。しかしインターネットEDIへの移行準備は想像以上に時間がかかるものだ。業界団体の定める標準仕様を確認したり、取引先と接続テストを進めたりする過程で、セキュリティ対策も見直す必要があるだろう。セキュリティ対策で特に難しく、落とし穴になりやすい要素は「人」であることも忘れてはならない。

 本資料は、ISDNサービス終了がEDIユーザーに与える影響や、インターネットEDIを検討する際に気を付けるべきポイント、セキュリティリスクの軽減が簡単ではない理由について考察する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。