IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

サイオステクノロジー株式会社

Webキャスト

サイオステクノロジー株式会社

Oracle Database 19cの可用性対策、SE2ライセンスにおける最適解は?

Oracle Database 19cで見直されたライセンス体系の影響を特に受けるのが、DBをRAC構成で運用しているケースだ。SE2ライセンスではRACそのものが利用できない。そこで代替策として注目されるのがHAクラスタ構成だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/14 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 18分51秒 ファイルサイズ -
要約
 Oracle Databaseの可用性を確保するため、多くの組織で採用されてきたRAC構成。これは、リソースの有効活用、可用性の向上を可能にし、比較的安価なライセンスで利用できる魅力的な選択肢だったが、ライセンス改定により徐々に利用が制限され、2019年のSE2ではRACの利用そのものが不可になってしまった。

 RAC構成を採用する組織が、高可用性を維持するための選択肢は2つある。1つはEnterprise Editionに移行することだが、ライセンス料金が4倍強に跳ね上がってしまう。費用を大きく変えることなく運用したいのならHAクラスタの導入によるアクティブ/スタンバイ構成が有力な選択肢となる。

 またHAクラスタソフトによっては、共有ディスク構成だけでなく、データミラー構成にも対応し、DR対策の選択肢も広がる。本コンテンツでは、動画でHAクラスタ構成のメリット/デメリットを解説するとともに、その動作をデモ形式で紹介しているので、参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。