IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

横河レンタ・リース株式会社

レポート

横河レンタ・リース株式会社

Windows 10導入に伴う運用負荷の増大を解消 大規模移行の事例に学ぶ課題解決策

Windows 10移行はなんとか実現できたものの、今後の運用に課題を残しているという企業も少なからず見られる。そこで約1300台の移行を成功させた横河レンタ・リースの情シス担当者に、Windows 10運用の負荷を軽減するための秘訣を聞いた。

コンテンツ情報
公開日 2020/01/27 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 922KB
要約
 Windows 7の延長サポート終了に伴うWindows 10移行をなんとか乗り切ったものの、今後の運用には課題を残しているという企業も少なからず見られる。その大きな理由の1つが、Windows 10において半年ごとに提供される大規模アップデート、すなわちFU(Feature Update)への対応だ。

 FUのアップデータ容量は数GBと大きいことから、WSUSを使ったネットワーク配信では負荷がかかり過ぎる可能性がある。そこで、解決策として注目され始めたのが、ネットワークへの負荷分散機能が付いた配信ソフトだ。拠点ごとにエージェントを導入したPCを置き、そこから拠点LAN内で分散配布することでWANの負荷軽減を実現する。

 また、FUはキッティング作業にも影響を与える。OSのバージョンアップごとにマスターイメージを再作成・更新する従来のやり方では運用工数が大幅に増えてしまうのだ。本資料は、このようなWindows 10運用の重要ポイントを移行事例を基に解説したノウハウ集だ。FAQ形式で記述されているため、今後の対策を検討する上でぜひ参考としてもらいたい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。