IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

Webキャスト

日本ヒューレット・パッカード合同会社

エンジニアを苦しめるインフラ構成管理、脱Excelと自動化に向けた最適解は?

従来のインフラは、Excelを用いた構成管理でも十分に回せていたが、ハイブリッドクラウドが一般化した今、その作業負荷は極めて高いものとなりつつある。エンジニアの生産性を低下させる、こうした手作業をなくすにはどうすべきか?

コンテンツ情報
公開日 2019/12/17 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 18分27秒 ファイルサイズ -
要約
 プライベートクラウドとパブリッククラウドのメリットを併せ持つハイブリッドクラウドにはメリットばかりが声高に叫ばれるが、課題もある。当然のことだが、インフラの管理・運用対象の増加はその1つだ。

 従来、構成情報はExcelに記載・管理する企業が多かった。ただ、オンプレミスのみ、特定のクラウドサービスのみといったシンプルな環境でも変更管理、パッケージ管理、セキュリティ管理……とタスクは山積する。さらに複雑なハイブリッド環境の柔軟性やスピードに対応するのは不可能であり、自動化を進める必要がある。構成・設定・メンテナンスだけでなく、構成情報の収集も全て自動化するのだ。

 実際に、多様なOSやネットワーク、パブリッククラウドからも情報を自動取得できる構成管理ツールが既に登場している。さらに、API制御している機器なら、ハードウェアレイヤーの構成情報にも対応可能だ。本コンテンツでは、このような構成管理の自動化ツールについてデモを交えて紹介する。ハイブリッドクラウド環境の煩わしいルーティン作業を自動化すれば、エンジニアが本来の役割を果たすリソースを生み出せるはずだ。