IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ヴイエムウェア株式会社

レポート

ヴイエムウェア株式会社

コンポーザブルインフラとHCIの違いとは? HCIのトレンドとベストプラクティス

HCIのメリットを生かし、調達、導入、管理サイクルのさまざまな場面で活用できるベストプラクティスを紹介する。HCIに続くITインフラのアーキテクチャとして注目を集めている「コンポーザブルインフラ」の定義についても解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/04 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 286KB

要約

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はサーバ・ストレージ・ネットワークという従来型の三層アーキテクチャを進化させ、置き換わっていくような存在だ。個別のコンポーネントを管理する手間がなくなり、スケーリングが容易になり、総所有コスト(TCO)の削減にもつながる可能性がある。本資料で紹介する、調達、導入、管理サイクルのさまざまな場面で役立つベストプラクティスに目を通せば、どんな用途であれHCIのメリットを引き出すためのヒントが見つかるはずだ。

 コンポーザブルインフラも「コンピューティング、ストレージ、ネットワークのリソース提供の手間を減らし、最適化する」のが目標だ。だがHCIが「ノード単位でのリソース追加」を基本とするのに対し、コンポーザブルインフラはもっと柔軟だ。ITインフラを形成する全てのコンポーネントがソフトウェア定義によって構成されている。本資料は、近年注目を集めている「コンポーザブルインフラ」のメリットについても詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。