IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ヴイエムウェア株式会社

レポート

ヴイエムウェア株式会社

VDIの快適さを追求するならHCIを選ぶべき理由 コストも削減できるか?

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で仮想デスクトップインフラ(VDI)を構築すると、リソースのスケーリングが容易になり、管理の簡略化や総所有コスト(TCO)削減も期待できる。ただし、HCIならではの課題もある。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/04 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 232KB

要約

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を利用する大きなメリットは、ユーザーの増加に応じてノード(サーバ)を追加するのに比例して処理速度もスケーリングされる点だ。VDIをはじめとする特定のシステムに合わせて事前にハードウェアを構成し、パフォーマンスを調整して提供される。専門的なスキルが必要な構成や設定といった作業がほとんどなくなるため、十分な予算や人的リソースを用意できない企業にとっては大きなメリットをもたらす。

 ただし、HCIの特徴がこれらのメリットを損ねてしまう場合もある。例えば、サーバやストレージといった個別のコンポーネントでなく、構成済みノードという1つのユニット単位で増設できるという点は、簡便ではあるが過剰投資になる可能性も含んでいる。

 本資料は、VDIのストレージをスケーリングする場合にHCIがもたらすメリットと課題についてまとめ、適正な総所有コスト(TCO)分析に役立つ情報を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。