IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

横河レンタ・リース株式会社

レポート

横河レンタ・リース株式会社

運用管理の負荷を大幅軽減、購入/リースに代わる新たなPC調達方法とは?

PC調達においては、セキュリティ対策や障害対応などにかかるランニングコストが課題となる。その解消法として、いま注目されているのがPCレンタルサービスだ。購入やリースではなく、レンタルが選ばれ始めた理由とは?

コンテンツ情報

公開日 2019/11/08 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 1.38MB

要約

運用管理の負荷を大幅軽減、購入/リースに代わる新たなPC調達方法とは?
 ある調査によると、PCの調達手段を考える際に重視する点として最も多かった回答が「ランニングコスト」だったという。その中身として半数以上の企業が挙げたのが、「セキュリティ対策」と「障害対応」で、その後に「ヘルプデスク」 や「PC資産管理(台帳管理・棚卸など」が続く結果となった。

 これらの運用負荷を軽減する手段として考えられるのが、アウトソーシングサービスだ。しかし、現状では最もアウトソースされている「障害対応」でも利用企業は2割以下にとどまっており、「資産管理」に至ってはわずか1.3%で、まだまだ活用に踏み切れていない企業が多い実態が明らかになった。

 そんな中、運用負荷軽減のための新たな選択肢として、PCのレンタルサービスを採用する企業が増えているという。本資料では、PCの調達における、「レンタル」「リース」「購入」の違いを解説するとともに、いまPCレンタルが選ばれている理由を、事例を交えて分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。