IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

増え続けるマルチクラウド環境の理想と現実、どうオーケストレーションすべきか

今日の企業の多くはマルチクラウド環境で業務を行っている。IT部門を通さないシャドークラウドサービスの利用も増えており、中には企業が知らぬ間にマルチクラウド化しているケースもある。この複雑な環境を管理する最適解は何だろうか。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/31 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 522KB

要約

 クラウドのメリットを考えれば、複数のサービスを利用するマルチクラウド環境に移行することは必然的な流れとえる。1000人以上の企業幹部に調査したところ、現在は85%の企業が既にマルチクラウド環境で業務を行っており、3年後には98%まで増える見込みだという。しかし、その管理を戦略的に実施している企業は41%と大きなギャップがある。

 調査の数字をさらに細かく見てみると、ワークロードを適切に割り振るツールやプラットフォームの保有企業は30%にとどまり、クラウド構成管理ツールを持つ企業やDevOps導入済みの企業もそれぞれ40%を切っている。その一方で、マルチクラウド環境の運用に長けた企業も20%と少数ながら存在した。

 本資料では、企業調査を基に、マルチクラウド環境を的確に運用している企業「マルチクラウドマエストロ」の成功手法を紹介している。さまざまなクラウド環境に多元的に存在するワークロードを整理し、採用すべきテクノロジーを絞り込み、導入と管理のハードルを低くする。そのためにマルチクラウドマエストロがどう取り組んでいるのか、詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。