IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社日立ソリューションズ

製品資料

株式会社日立ソリューションズ

これからの無線LAN環境の主流は「Wi-Fi 6」、最適解となるWi-Fi製品の要件は?

次世代無線LAN規格として注目される「Wi-Fi 6」。既に対応製品もリリースされ始めており、今から無線LAN環境の構築やリプレースを進めるなら、新規格対応の環境を整備したい。中でも、Wi-Fi 6をより効率化する選択肢がクラウドWi-Fiだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/30 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 963KB

要約

 従来使われてきた無線LAN規格「Wi-Fi 5」(IEEE 802.1ac)に比べ、実効速度が4倍になるといわれる「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)。その大きな理由は、Wi-Fi機器が普及した現代で避けられない電波干渉を考慮し、1対1通信の速度向上に特化してきた従来方針を転換したことにある。Wi-Fi 6は、限りある電波帯域を効率的に利用する技術を重視し、実環境での安定した速度向上を実現したのだ。

 周波数の多重化やアンテナの効率利用、IoT機器対応の省電力機能など、Wi-Fi 6から得られるメリットは多岐にわたる。この新環境に乗り換える上で有力な選択肢が、新規格対応のクラウドWi-Fiだ。拠点や店舗数が多くても、クラウドから各拠点を一元的に管理でき、トラブルシューティングの迅速化を図れる。

 クラウドWi-Fiというとライセンスの更新漏れでネットワークが止まるといったトラブルが懸念されるが、ライセンスが切れてもネットワークは継続利用できる柔軟なライセンス体系を持つサービスも登場している。本資料では、Wi-Fi 6の注目機能を解説するとともに、その最適解と目されるクラウドWi-Fiソリューションを紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。