IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本アイ・ビー・エム株式会社

比較資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

「VMware vSphere環境クラウド化」稟議を書く前の3つの着眼点

企業ITの基盤に、俊敏性と柔軟性のさらなる向上が求められる中で、VMware vSphere環境のクラウド移行が加速している。この取り組みの稟議を書く担当者は「3つの着眼点」を押さえておく必要がある。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/17 フォーマット PDF 種類 比較資料
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 2.6MB

要約

 クラウド活用が一般的となった現在でも、基幹システムを自社やデータセンターのオンプレミス環境で運用している企業は多い。しかし、企業ITの基盤に、俊敏性と柔軟性のさらなる向上が求められる中で、オンプレミスとクラウドで分断されたデータやアプリケーションを統合的に扱いたいというニーズも高まっている。

 こうした流れを受けて、オンプレミスの仮想化環境を容易にクラウド移行できるサービスも増えつつある。特にVMware vSphere環境をクラウド化する土壌は整ってきており、今後、これらのサービスを活用した「仮想化環境のクラウド移行」や「ハイブリッドクラウド環境の構築」が本格化していくだろう。

 それでは、さまざまな選択肢の中から自社の要件に適したサービスを選ぶためには、どのような点に注意すべきだろうか。本資料では、VMware vSphere環境のクラウド化における課題を解説するとともに、サービス選びで失敗しないための「3つの検討事項」を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。