IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ヴイエムウェア株式会社

レポート

ヴイエムウェア株式会社

快適な仮想デスクトップであり続ける秘訣は? HCIによるVDI構築の利点と注意点

VDI環境におけるストレージの性能不足は解決が難しい問題となりがちだ。そこで、ストレージのスケーリングが容易なHCIをVDI向けに導入する企業は多い。しかし、HCIによるVDI構築で期待通りの効果を得るためには注意すべき点もある。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/08 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 228KB

要約

快適な仮想デスクトップであり続ける秘訣は? HCIによるVDI構築の利点と注意点
 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入における重要事項の1つに“全てのユーザーに対する安定したパフォーマンスの提供”が挙げられる。当然、担当者はその点を十分に考慮するのだが、ユーザー数の増加に伴うスケールアップの段階になって、パフォーマンスに深刻な問題が生じるケースは少なくない。

 その原因は主にストレージにある。ハイパーバイザーのノード追加によって簡単にスケーリングできるCPU、メインメモリ、ネットワークとは異なり、VDI用にストレージを追加することは非常に難しい。加えて、ユーザー数の増加がストレージ性能に与える影響を予測する手段がないことも、この問題をより大きなものとする。

 近年、VDI用途でハイパーコンバージドインフラ(HCI)が選ばれる理由もここにある。ストレージがノードに含まれるHCIを採用すれば、スケーリングは容易となり、管理の簡略化やVDIのTCO削減も可能となる。ただし、期待通りの効果を得るためには、その導入のポイントを押さえておく必要がある。本資料では、HCIによるVDI構築で失敗しないための注意点を詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。