IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ヴイエムウェア株式会社

事例

ヴイエムウェア株式会社

インフラのサイロ化で拡張性・コストに課題――基盤統合の鍵となる注目技術とは

プロジェクトや事業部単位で構築したサービス基盤がサイロ化を招き、管理面の課題となるケースは多い。仮想化基盤を統合するにあたって検討したいのが、データセンター間の完全同期・高可用性を容易にするストレッチクラスタ構成だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/08 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.18MB

要約

インフラのサイロ化で拡張性・コストに課題――基盤統合の鍵となる注目技術とは
 国内有数のケーブルテレビ事業者として東海エリアに放送・通信サービスを提供するコミュニティネットワークセンターでは、部門ごとにサイロ化したサービス基盤の見直しが課題となっていた。拡張性だけでなく、コストの肥大化、運用の複雑化など課題が山積していたのだ。

 拡張性や運用性を考えれば、サービス基盤は単一の仮想化環境で統合するのが望ましい。そこで同社が取った手法が、VMware vSANの技術を用いて、複数データセンター間をActive/Activeでつなぐストレッチクラスタを導入し、サービス基盤を統合するというもの。国内でも初めての試みだったが、プロジェクト始動からわずか4カ月というスピードで実現に至った。

 結果、ブラックボックス化していたストレージの拡張や構成変更が容易になり、メンテナンスに要する時間も従来の約5営業日から0.5営業日へと大幅に短縮。ストレージ関連コストの約40%もの削減にも成功したという同社の統合仮想化基盤の構築事例を、本資料でさらに詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。