IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ヴイエムウェア株式会社

事例

ヴイエムウェア株式会社

インフラの仮想化統合でストレージ運用の負荷増大、ICUはどう解決した?

学校教育におけるITの価値向上を目指す国際基督教大学では、仮想化基盤を導入し学内ITインフラの集約を進めてきた。しかし、基盤の二重化によりコストや運用面で課題を抱えるようになった。それらを解決するため、同大学が取った方法とは?

コンテンツ情報

公開日 2019/10/08 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.06MB

要約

インフラの仮想化統合でストレージ運用の負荷増大、ICUはどう解決した?
 学校教育における積極的なIT活用を目指す国際基督教大学(ICU)。同大学では、管理レベル向上を図るため仮想化基盤を導入、物理サーバの6割を集約するとともに、BCP対策として同一基盤の二重化も果たしていた。だが、それによって運用負荷の増大やコスト効率の悪化、リソース増強への不安など、新たな課題を抱えてしまった。

 そこで同大学は、ハードウェアの保守期限切れを迎えるタイミングで、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)への移行を決断する。移行に際しては、アセスメントプログラムにより、既存環境の可視化と課題の洗い出しを実施。その結果を基にベンダーの提案を要請し、構成変更や故障時の対応などの面で柔軟なストレージ運用が可能な、ある製品に決定した。

 移行後は、内蔵ディスクを仮想的に束ねて共有ストレージ化した4台のサーバと、バックアップ用のストレージ内蔵アプライアンス1台という、シンプルな構成を実現。保守コストや運用工数の削減はもちろん、ITセンターのリソース活用にも効果が現れているという。本コンテンツで、同大学の取り組みを詳しく確認していこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。