IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

EMCジャパン株式会社

レポート

EMCジャパン株式会社

HCI導入における成否の分かれ目、購入時に陥ってはいけない“10個の落とし穴”

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の新規導入に際して、そのメリットを損なうような選択をしているケースが少なからず見られる。HCI購入を失敗に終わらせず、投資効果を最大限に得るためには、どのような点に注意すべきだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/03 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 245KB

要約

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、これまで仮想デスクトップインフラ(VDI)などの具体的なニーズによって選ばれることが多かった。しかし、近年では、多くの企業が汎用のデータセンターをHCI施設に移行し、高度に仮想化された単一のシステムによってコアストレージとコンピューティングの統合を図っている。

 これにより、インフラ運用における導入とプロビジョニングの柔軟性を高められるだけでなく、データセンターの物理的なフットプリントを減らし、電力と冷却のコストを削減することもできる。その一方で、HCIの新規導入に際して、これらのメリットを損なうような選択をしている企業も少なからず見られる。

 これらの企業は、HCIアーキテクチャをインフラ管理の万能薬だと考えていたり、アプリケーション要件への理解が不足していたりして、その投資の効果を低減させている。そこで、本ホワイトペーパーでは、HCI購入時に間違えやすい“10個の落とし穴”を回避するための方法を分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。