IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ラクス

製品資料

株式会社ラクス

働き方改革の第一歩、経費精算のシステム化で業務はどれだけ効率化できる?

働き方改革の第一歩としてまず取り組むべきなのが、経費精算業務の効率化だ。申請者/承認者/経理担当者それぞれが経費精算において抱える課題を挙げるとともに、それらがシステム化によりどのように解決できるのかを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2019/09/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 5.62MB
要約
 働き方改革の実現に向けて多くの企業が業務効率化の取り組みを進めているが、その第一歩として最適なのが「経費精算」だ。旧来の経費精算には非効率な業務が多い。申請者は交通費の精算や領収書の転記、承認者は金額のチェックや規定との照合、経理担当者は仕訳や集計など、関係者全てにおいて、異なる課題を抱えている。これらを改善することで、働き方改革の実現に多大な効果が見込めるだろう。

 そこで実践したいのが、経費精算における一連のワークフローをシステム化することだ。申請者は乗り換え案内とICカード取り込み機能を活用すれば、手入力が不要になる。また金額の妥当性もシステムが担保してくれるため、承認者はチェックの手間が大幅に削減できる。また会計ソフト用CSVデータや振込データの自動作成が可能なため、経理担当者の手入力がなくなり、業務が格段に楽になる。

 この他にも多くの利点を持つ経費精算のシステム化は、業種規模を問わず徐々に浸透してきており、既に導入した企業は、入力ミスの減少や申請/チェックのスピード向上など、さまざまな効果を得ている。本資料を基に、経費精算のシステム化を検討してみてはいかがだろうか。