IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

富士通株式会社

製品資料

富士通株式会社

ニーズごとに異なるハイブリッド環境の最適解、自社に適した使い分けの形は?

インフラを構成するさまざまな要素が仮想化され、クラウド移行のハードルは低くなっている。こうした中で有力な選択肢となったのが、オンプレミスとクラウドの共存だ。最適な使い分けをどのように実現すべきか、そのポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/09/09 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 1.63MB

要約

 近年、多くの企業がオンプレミスとクラウドの最適な使い分けを模索している。そのニーズはそれぞれ異なるが、業務システムやプライマリーシステムはオンプレミスに残しつつ、DRシステムをクラウドに移行したり、一時的なリソース不足をクラウドで補完したりするような活用法が期待されている。

 いずれも目指すハイブリッド環境の最適解は異なるため、オンプレミスとクラウド間における仮想マシンイメージの非互換性、運用管理の二重化という共通の課題を解消しつつ、ニーズに応じた環境の構築を図りたい。もし、オンプレミスに重要システムを置き、その仮想化環境の運用を踏襲してクラウドサービスを利用するなら、VMware製品による仮想化環境の動作が可能で、ライセンス選択の柔軟性にも優れたIaaSの利用が効果的だ。

 本資料では、こうしたハイブリッド環境へのニーズを整理するとともに、それぞれに適したソリューションを紹介している。運用管理の負担やライセンス、柔軟性など自社の要件と照らし合わせば、最適解が見えてくるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。