IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Splunk Services Japan

レポート

Splunk Services Japan

なりすましや乗っ取りをどう防ぐ? 実例に見る不正行為の6つのパターンと対策

デジタル時代のサービス提供には、乗っ取りやなりすましといった不正行為から顧客を保護するための一元的な対策が不可欠だ。そこで、不正行為に先手を打つ、マシンデータの活用に注目が集まっている。

コンテンツ情報

公開日 2019/08/15 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 4.88MB

要約

 アカウントの乗っ取りや個人情報の盗難、なりすましなどの不正行為が深刻化する中、企業には、これら不正行為から顧客を保護するための対策が求められている。不正行為によって金銭的負担を強いられたり、ビジネスの効率が下がったりするだけでなく、企業の評判・信頼が落ちるといった大きなダメージを受けてしまうためだ。

 そこで注目されているのが、マシンデータを活用して、不正行為の検出・防止を行う手法だ。どのようなデジタルサービスでも、不正行為の痕跡はマシンデータに残されているため、それを手掛かりに不正行為の証拠やパターンを特定し、リアルタイムに不正行為を検出する。そして、即時の警告を発することで、不正行為に先手を打つことが可能となる。

 本資料では、マシンデータを活用した分析主導型プラットフォームの詳細な機能を解説するとともに、アカウントの乗っ取りやサービス妨害など、実例に基づく6つのシナリオを紹介。また、メールプロバイダーや銀行、医療機関などでの実際の不正行為防止策も取り上げているため、活用法や効果をイメージしやすい資料となっている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。