IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社日立製作所

製品資料

株式会社日立製作所

HCI導入前後で生まれる期待とギャップ、期待通りの効果を引き出す方法は?

ニーズの高まる仮想化基盤の最適解として注目され、市場での存在感を高めつつあるHCI。しかし、導入企業からは、導入前の期待感とのギャップを指摘する声が少なくない。そこで、その不満の原因と解決策を検証した。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 47ページ ファイルサイズ 2.98MB

要約

 シンプルなハードウェア構成、高い拡張性、導入の容易さなど、多数のメリットを持つハイパーコンバージドインフラ(HCI)は国内でも評価が高く、5年間で20%以上の市場成長が見込まれている。一方で、導入企業から聞こえてくる不満が、期待感と現実のギャップだ。

 企業アンケートでは「運用管理を一元化できなかった」「運用管理を効率化できなかった」「導入時間を短縮できなかった」という回答が上位を占めた。こうしたギャップが生まれる原因は、HCIの提供者と運用者の想定のズレにある。例えば、「運用管理の一元化」では、HCIは仮想マシンまでは可視化できるものの、その上で稼働するシステムまでは見通せない。つまり、HCIの管理範囲にとどまらず、業務システムまでを一元管理する仕組みが必要になる。

 本資料では、こうしたHCI導入前後のギャップの原因と、その解決策を解説する。アンケートの上位を占めたギャップ全てを解消する管理ツールを組み込んだHCIソリューションも紹介しており、導入を検討する際はぜひ参考としてもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。