IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

サイトコア株式会社

その他

サイトコア株式会社

マーケティングの成果はどう測定する? CX向上のための「デジタル分析」構築術

優れた顧客体験(CX)を提供するには、マーケティング成果を測定しPDCAを回していくことが重要となる。その第一歩が、経営者の視点に立って目標を整理し、戦略目標マップを作成することだ。ここではその具体的な方法や、注意すべき点を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/10 フォーマット PDF 種類 その他
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.31MB

要約

 優れた顧客体験(CX)を提供する企業は、マーケティングがどれだけ売り上げに貢献できているかをリーダーが明確に説明できる。だがCXに問題を抱える企業、あるいは向上の取り組みを始めたばかりの企業の多くは、そもそもマーケティング成果を測定できていないのが実情だ。

 成果測定には、経営者の視点に立ち、目標を整理することから始める必要がある。まず最上位に企業としての「戦略テーマ」を置き、その下に売り上げ増加などの「戦略目標」と、顧客データ獲得といった「マーケティング目標」を立て、最下位にカートへの商品追加やメルマガ登録といった「デジタルゴール」を定める。だがデジタルゴールは全てが等しく戦略目標に貢献するわけではないため、それぞれに重みをつける「エンゲージメント価値の測定」が鍵となる。

 そのように定めたエンゲージメント価値を、顧客のWebサイト訪問データと関連付けることで、初めて共通のマーケティング評価指標を作ることができる。では、そのための“デジタル分析”の仕組みを作るにはどうしたらいいのか。本コンテンツでは、2つの方法を挙げ、どんな部門を巻き込めばいいのかなど、具体的な方法についても考察する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。