IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

トレンドマイクロ株式会社

製品資料

トレンドマイクロ株式会社

脅威対応に苦しむネットワーク管理者の負担を軽減、新たなインライン型IPSとは

脅威対応をするネットワーク管理者の負担は増える一方だ。多層防御のために複数のツールを使い分けた上で、必要性と運用を両てんびんにかけて優先順位を判断しなければならない。この運用課題の解消策として、IPSが再び脚光を浴びている。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/05 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 4.19MB

要約

 サイバー攻撃に対応するネットワーク管理者の負担は増える傾向にある。ネットワーク障害などの監視業務に加え、負担増大が著しいのがインシデント対応だ。近年のセキュリティでは、侵入を前提とした多層防御が推奨されるようになり、管理者が複数のツールを使い分けて対応しなければならなくなった。

 この解決策として注目されているのが、インラインで設置するハードウェア型のIPSだ。従来のIPSでは大量の誤検知を防ぐため、管理者が脆弱性フィルターを設定する必要があり、セキュリティ人材不足の企業には難しかった。だが、このIPSは最適化されたフィルターが提供・アップデートされるチューニングレス仕様のため、スキル不足に悩む企業でも容易に運用できる。

 また、パフォーマンスとセキュリティの二者択一を強いられることの多かったアプリケーションの修正パッチについても、仮想的にパッチを適用することで性能を下げることなく保護できるという。最新のインライン型IPSがネットワーク管理者の業務をどのように変えるのか、本資料で詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。