ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

富士通株式会社

レポート

富士通株式会社

Oracleが描く2019年の戦略は? クラウド/AI/自動化の領域で与える影響を読む

その動向が業界中から注目されるOracleだが、2019年以降も「クラウド」「AI」「自動化」という3領域への注力は加速するとみられている。各分野における同社の今後の戦略とユーザーに与える影響について、分かりやすく解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/05/16 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 211KB

要約

 その動向が業界中から注目されるOracle。2018年、同社は「クラウド」「AI」「自動化」という3つの領域の全てに重点を置いていたが、業界の傾向から推測して、この流れは2019年以降も大きくは変わらず、さらに加速するものとみられている。

 例えばクラウドに関していえば、Oracleはキー管理サービスやCASBなど高度なセキュリティ機能を備えた、新バージョンの「Gen 2 Cloud プラットフォーム」を提供した。こうしたクラウドプラットフォームに対する追加の投資と改良は、他社への優位性を獲得するため、今後は数カ月ごとに定期的な展開が予測されるという。

 また、多国籍企業のアプリケーション要件を満たすため、ユーザーが利用できるグローバルデータの対象地域を、米国からカナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアなど大幅に増やす予定だという。本コンテンツではこのように、クラウド、AI、自動化の各分野におけるOracleの今後の戦略とユーザーに与える影響について、分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。