ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

属人化しがちなシステム運用をAIで自律化。AI活用のポイントとは?

システム運用は、自動化が進んでいるが、属人化された業務は自動化が難しい。その中で大きく期待されているのが人工知能(AI)だ。はじめから万能なAI活用は難しく、繰り返し学習を重ねることで賢くなっていく。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 210KB

要約

 システム運用では、人材不足が課題となっており、高品質なITサービスを実現し、ビジネスへ貢献していくには、運用プロセスの標準化と業務効率化が不可欠だ。運用業務のうち、システム監視やオペレーションはツールによる自動化が進んでいるが、複数のエラーメッセージへの対応の判断など経験に頼る部分を自動化させることは難しい。

 そこで今、システム運用の現場で期待されるのが、AIの活用である。システムが発するさまざまなメッセージやイベントに対して、担当者が過去にどんな手順を実行して解決したのかというパターンをAIが学習すれば、経験の浅い運用担当者にも熟練者のノウハウを共有することができる。

 本ホワイトペーパーでは、AI活用によって運用を自律化させるために、どのようなステップが必要かを解説している。さらにAIは運用業務の中で、特にどのような面で貢献できるのか、システムが実現するフローイメージも含めて紹介している。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。