IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士通株式会社

製品資料

富士通株式会社

データベースシステムの基盤を、オンプレミスとクラウドの両面から考える

さまざまなシステムのクラウド化が進んでいる中で、データベースをオンプレミスで構築するか、クラウドに移行するかは重要なテーマの1つだ。ここでは双方のメリット・デメリットを明らかにしたうえで、その最適な基盤を探っていく。

コンテンツ情報
公開日 2019/03/26 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 386KB
要約
 数年前まではIaaSなどのクラウドインフラに対し、信頼性や安定性の面で不安を持つ企業は多かったが、今ではそうしたイメージも和らいできた。多くの企業がデータベースのクラウド化を検討しているが、もちろんだが必ずしも最適な手段とは限らず、さまざまな手段を選択肢として持ちながら検討していくべきだ。

 オンプレミスの場合でも、専有された物理サーバを用いる場合、仮想環境にデータベースシステムを統合する場合、またはデータベース用の垂直型統合システムを利用するなどさまざま手段が考えられる。一方でクラウド化する場合でも、IaaS上にライセンスを持ち込む場合、PaaSによるサービスとしてデータベースを利用するなどの選択肢がある。

 本ホワイトペーパーでは、オンプレミス、クラウドを含め、データベースシステムの基盤として存在するさまざまな選択肢のメリットやデメリットをおさらいする。まずはこうした基本的な情報を押さえたうえで、段階的な移行も視野に入れて検討していきたいところだ。